北島氏 ウッズの東京五輪出場に期待「来てくれたらゴルフも見に行きたい」

[ 2019年4月18日 14:40 ]

5月9日の東京五輪チケット抽選申し込み開始を発表した北島康介氏(右)と大橋未歩アナウンサー
Photo By スポニチ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、東京五輪観戦チケットの抽選申し込み受け付けを5月9日に開始すると発表した。この日から公式チケット販売サイト( https://ticket.tokyo2020.org )をプレオープン。都内で開かれた発表会見には競泳の五輪2大会連続2冠の北島康介氏が出席。「これを待っていたという方々がたくさんいたと思う。待ち遠しかったのではないか。五輪に懸けた1人として、空気感や感動を少しでも感じてほしい」と話した。

 五輪については「選手にとっては夢舞台。それは引退した今も変わらない。五輪に出られて活躍できたことは水泳人生に欠かせないもの。東京に限らず、選手にとって夢舞台であり続けてほしい」とコメント。東京五輪の観戦希望を問われると、決勝セッションのあるチケットが最高で10万8000円もする競泳を「やっぱり見たいですね」と話し、「水泳をしていたので、他の競技を見る機会は限りなく少なかった。五輪なので陸上競技だったり、サーフィンとかの新種目も興味を持って見たい」と希望した。最近はゴルフが趣味で、先日のマスターズで復活優勝したタイガー・ウッズ(米国)が「来てくれたらゴルフも見に行きたい」と語った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月18日のニュース