坂本“くノ一”? エキシビション新プログラム披露

[ 2019年4月14日 15:07 ]

<世界フィギュアスケート国別対抗戦第4日>エキシビション、和の音楽に乗り滑る坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート世界国別対抗戦のエキシビションが14日、福岡市マリンメッセ福岡であり、女子の坂本花織(19=シスメックス)が“くノ一”に扮したと見られる新プログラム「ジン・バイ・ツクヨミ」を披露した。

 はちまきを含めて衣装を黒で統一。忍者を連想させる姿で登場した。和太鼓のメロディーに乗って、華麗な演技を見せた。

今大会はショートプログラム(SP)、フリーともに自己ベストをマーク。来シーズンも魅力的なパフォーマンスで、ファンを楽しませてくれそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年4月14日のニュース