×

Gリーグのハッスルがプレーオフ進出に王手 スカイフォースに快勝 渡辺は5得点

[ 2019年3月18日 12:00 ]

プレーオフ進出に向けて貴重な勝利を挙げたハッスルの渡辺(AP)
Photo By AP

 NBAのマイナー、Gリーグのメンフィス・ハッスル(グリズリーズ傘下)は17日、敵地スーフォールズ(サウスダコタ州)でスーフォールズ・スカイフォース(ヒート傘下)を116―101(前半555―52)で下して27勝21敗。グリズリーズとホークスで今季NBAに36試合出場しているガードのタイラー・ドーシー(23)が30得点を挙げてチームの4連勝に貢献した。

 渡辺雄太(24)はシューティングがいまひとつ。29分出場してフィールドゴール(FG)の成功は11本中2本、3点シュートの成功は6本中1本に終わり、5得点にとどまったが、チームは第3Qを34―21としてリードを広げた。

 ハッスルは西地区全体5位の座を堅持。同率で並んでいた6位のソルトレイクシティー・スターズ(ジャズ傘下)がこの日、オクラホマシティー・ブルー(サンダー傘下)に101―103で敗れたために1ゲーム差がついた。7位のアグア・カリエンテ・クリッパーズとは1・5ゲーム差。ハッスルの残り試合は「2」で、スターズと顔を合わせる次戦(19日)に勝つと、チーム創設2季目でプレーオフ初進出が決定する。

 <Gリーグ西地区全体上位>
 (1)*サンタクルーズ・ウォリアーズ(31勝15敗)(2)*リオグランデバレー・バイパーズ(33勝16敗)(3)*オクラホマシティー・ブルー(31勝16敗)(4)ストックトン・キングス(29勝19敗)(5)メンフィス・ハッスル(27勝21敗)(6)ソルトレイクシティー・スターズ(26勝22敗)(7)アグアカリエンテ・クリッパーズ(25勝22敗)(8)スーフォールズ・スカイフォース(23勝24敗)
 *はディビジョン首位。プレーオフにはディビジョン1位(3チーム)と2位以下の勝率上位3チームが進出。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年3月18日のニュース