池江璃花子 闘病の苦しさ吐露「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」

[ 2019年3月6日 18:13 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 白血病であることを公表し、現在闘病中の競泳女子の池江璃花子(18)が6日、2月13日以来21日ぶりにツイッターを更新し、治療の苦しさをつづった。

 池江は「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます」と現状を報告。それでも「でも負けたくない」と前向きな言葉をつづっている。

 池江は1月18日からオーストラリアで合宿中だったが体調不良を訴えたため、現地で血液検査を受けてから予定を早めて2月8日に帰国。日本で検査を受け、白血病と診断、12日に自身のツイッターで病名を公表。治療に専念している。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年3月6日のニュース