男子66キロ級 丸山、優勝も向上心「まだ強くなれる」 

[ 2019年2月24日 05:30 ]

柔道グランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会第1日 ( 2019年2月22日    ドイツ )

男子66キロ級で優勝した丸山
Photo By 共同

 丸山は優勝してもニコリともしなかった。「選抜(全日本選抜体重別選手権)、次の世界選手権で勝たないと意味がない」。

 昨年11月のGS大阪大会から国際大会3連続優勝の勢いは止まらない。海外勢に対する強さをまたも見せつけた。準決勝はGSパリ大会覇者のモルドバに絞め技で一本勝ちするなど、得意の立ち技だけでなく、闘い方の幅を広げつつある。「まだ強くなれる。目の前の試合、一戦一戦を自分の柔道で勝ち切りたい」と世界選手権の代表争いへ気合を入れた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月24日のニュース