×

男子1500m、一戸が7位 小平は調整を優先して出場せず

[ 2019年2月5日 05:30 ]

スピードスケート・W杯第5戦最終日 ( 2019年2月3日    ノルウェー・ハーマル )

 3日に行われ、男子1500メートルの一戸誠太郎(ANA)は1分46秒83で7位、近藤太郎(ANAエアポートサービス)は0秒03差で8位だった。同500メートルで羽賀亮平(日本電産サンキョー)は12位。パベル・クリズニコフ(ロシア)が34秒78で連勝を5に伸ばした。

 女子500メートルはバネッサ・ヘルツォーク(オーストリア)が今季3勝目を挙げ、辻本有沙(電算)は8位、稲川くるみ(大東大)は12位だった。小平奈緒(相沢病院)は世界距離別選手権(7日開幕・ドイツ)へ向けた調整を優先し出場しなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年2月5日のニュース