東京五輪へ進化を!山県亮太 冬季練習で“武器”スタートに磨き

[ 2019年1月25日 21:11 ]

トークイベントに出演した山県
Photo By スポニチ

 陸上男子短距離の山県亮太(26=セイコー)が25日、東京都内で行われた小学生向けのトークイベント出演後に取材に応じ、冬季練習でスタートの改善に取り組んでいることを明かした。「力はついたが走りの精度で改良の余地がある」と1年後の東京五輪に向けさらなる進化を誓った。

 20日までグアムで行っていた冬季練習では筋力中心に取り組み、体重も1キロ増の74キロとパワーアップは順調だ。ただ昨年を振り返るとスタート面で改善点もあるといい「新しいことというよりは、よりブラッシュアップしたい」と最大目標に掲げる世界選手権へ武器に磨きをかけている。

 またイベントでは小学生記者からの質問にも丁寧に答えた。勝ちたい人はという問いには「みんな勝ちたい。自己ベスト10秒0台を持っている選手には絶対に負けたくないです」と今季も日本人選手に対する連勝記録は継続させるつもりだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月25日のニュース