【写真特集】坂本、会心演技で逆転V!紀平2位 SP首位の宮原は3位

[ 2018年12月23日 22:01 ]

笑顔で観客に手を振る(左から)紀平梨花、坂本花織、宮原知子(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの全日本選手権は23日、東和薬品ラクタブドーム(大阪府門真市)で女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で2位の坂本花織(18=シスメックス)が152・36点をマークし、合計228・01点で逆転優勝を果たした。SP5位と出遅れた紀平梨花(16=関大KFSC)がトリプルアクセル(3回転半)を2度成功させる会心の演技で巻き返して2位。大会5連覇が懸かっていたSP首位の宮原知子(20=関大)は3位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月23日のニュース