宇野昌磨が102・06点で首位発進「やってやったぞ」不安抱えながら好演技

[ 2018年12月22日 20:00 ]

フィギュアスケート全日本選手権第2日 ( 2018年12月22日    大阪・東和薬品ラクタブドーム )

<全日本フィギュアスケート選手権第2日>男子SP、会心の演技を終え拳を振り下ろす宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が102・06点をマークした。ロンバルディア杯の104・15点には及ばなかったが、100点の大台を超え、2位の高橋大輔に13・54点差をつけて首位に立った。

 冒頭の4回転フリップをクリーンに着氷すると、トーループの4―2回転、演技後半のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も決めた。演技を終えると珍しく感情を露わにし、右拳を振り下ろした。「やってやったぞ、という強い思いがあった」と振り返った。

 宇野は「何も言い訳にしたくない」と詳細を明かさなかったが、演技直前の6分間練習でジャンプをほとんど跳ばないなど脚に異変があったと見られる。その中で大きなミスなく演技をまとめた。

 24日のフリーでは3連覇を狙う。「僕が連覇したのは結果だけで、みなさんも日本一の選手と思っていないし、僕も思っていない」とした宇野は、「弱い自分を見せたら大崩れしてしまう。気合で頑張る」と闘志を高めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月22日のニュース