LPGAに不満爆発…有村が比嘉が「裏切られた気持ち」

[ 2018年12月20日 05:30 ]

<LPGAアワード2018>表彰式会場で言葉をかわす有村(左)と比嘉(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの放映権帰属を巡る問題で、選手の間で日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の対応に不信感が広がった。19日、有村智恵(31=日本HP)と比嘉真美子(25=TOYO TIRES)が取材に対応し、日程発表に至るまでLPGAから明確な回答がなかったことなどに言及。コミュニケーション不足を指摘し、中止になった試合の復活を求めるなど、不満を爆発させた。

 有村と比嘉が協会に対する不信感をあらわにした「緊急会見」は、2人から報道陣に要望し、実現した。場所は華やかな表彰式が行われたホテルから離れた、人通りの少ない通路。選手会に相当するプレーヤーズ委員会で委員長を務める比嘉は「質問書を出しても、それに対する回答も特になく、すっきりしないままツアーが終わってしまった印象。(今季の)開幕前にLPGAの外から(情報が)入って不安な気持ちのまま開幕した」と切り出した。

 プレーヤーズ委員会は今年10、11月に質問書を作成し協会に回答を求めたが、その都度、守秘義務を理由に明確な回答はなかった。小林会長に「ゴルフ界の発展をどう考えているか」などの質問も盛り込んだが、それらを含めすべて一蹴されたという。

 メールのやりとりでは「選手はいいプレーをして笑顔を届けることだ」と諭すような回答をされ「コミュニケーションが取りづらかった」と比嘉。有村は、10月31日にある理事から「放映権を取得する動きはない。出ている記事はすべてウソだ」と言われたという。それを受けての日程発表に「すごくショック。協会には裏切られた気持ちです」とした。

 2人は中止になった大会の復活を求めるが、既に約50選手から継続審議の要望に賛同する声が寄せられているという。有村は「全員が全員、納得いっているわけではありません。協会には引き続き(主催者と話し合いを)継続できるよう、協議をする姿勢を見せていただきたい」と訴えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月20日のニュース