元貴ノ岩の暴行問題…千賀ノ浦親方には「けん責処分」

[ 2018年12月20日 05:30 ]

日本相撲協会理事会 ( 2018年12月19日    両国国技館 )

<大相撲理事会会見>厳しい表情の八角理事長(中)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は、付け人に暴行をはたらいた元幕内・貴ノ岩は既に現役を引退したため「処分なし」とした。

 師匠だった千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)については監督責任を問い「けん責処分」とした。もし、元貴ノ岩が現役を続けていた場合の処分内容についても言及。新規定では1場所の出場停止処分だが、元日馬富士の暴行事件の被害者であることなどを考慮し、複数場所の出場停止が妥当とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月20日のニュース