相撲協会 前倒しで研修会 付け人との接し方を再確認

[ 2018年12月20日 05:30 ]

日本相撲協会理事会 ( 2018年12月19日    両国国技館 )

<関取研修会>質問に答える鶴竜(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 理事会に先立ち、関取を対象とした「付け人に関する特別研修会」を実施した。

 元貴ノ岩が付け人に暴行したことを受けて、来年2月に予定していた研修会を前倒し。八角理事長(元横綱・北勝海)と春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌)が講師を務め、付け人との接し方などについて指導し、15分ほどで終了した。力士会会長の横綱・鶴竜は研修会後、「暴力はいけないということを、しっかり認識しないと。自覚を持つのが大事」と神妙な表情で話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月20日のニュース