マイケル・ジョーダン氏の純資産は1904億円 昨年から336億円増

[ 2018年12月19日 11:04 ]

セレブの総資産ランキングで4位となったホーネッツのマイケル・ジョーダン・オーナー(AP)
Photo By AP

 経済誌フォーブスが18日、毎年恒例となっている「米国セレブの純資産ランキング」を公表。NBAホーネッツのマイケル・ジョーダン・オーナー(55)は昨年と同じ4位ながら、純資産は前年比で3億ドル(約336億円)も増えて17億ドル(約1904億円)となった。

 スポーツ専門局のESPNによれば、株式の90%を握っているホーネッツの資産価値がアップしたことが最大の要因で、シューズ・ブランドなどによる副収入の増加も後押ししている。

 スポーツ界ではゴルフのタイガー・ウッズ(42)が昨年の8位から9位タイに順位を下げたものの、純資産は5000万ドル(約56億円)増えて8億ドル(約896億円)。PGAツアーでの賞金総額は544万3841ドル(約6億1000万円)だったが、ナイキ社などのメーン・スポンサーからの収入や、コース・デザインといった副業での収入が大半を占めている。

 なお1位はジョージ・ルーカス氏(74)の54億ドル(約6048億円)で2位はスティーブン・スピルバーグ氏(72)の37億ドル(約4144億円)と、ともに世界的な映画監督が占め、テレビ番組の人気司会者、オプラ・ウィンフリー氏(64)が28億ドル(約3136億円)で3位に続いている。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年12月19日のニュース