Sクライミング女子 野中に「スピード」用練習施設完成

[ 2018年12月18日 05:30 ]

スポーツクライミングのスピード種目の壁が完成し、笑顔の野中
Photo By 共同

 スポーツクライミング女子の野中生萌(21=TEAMau)に金メダルのための虎の穴が完成した。

 東京都豊島区の立大キャンパス内に、野中専用の練習施設となるスピード種目の壁が完成。野中が豊島区在住であることが縁となって立大が場所を提供した。設置期間は2020年までの限定で、クラウドファンディングで集めた470万円の一部を充て、設置や撤去、維持の費用は野中自身が負担する。

 五輪はボルダリング、リードとの複合種目で争われるが、日本ではなじみの薄いスピードは都心部に練習拠点がなかった。野中は「スピードの重要性を感じている。他の2種目と同じくらい欠点のない状態に持っていきたい」と弱点克服に意欲を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月18日のニュース