紀平、エキシビションで華麗な舞い 宇野は「クリムキンイーグル」披露

[ 2018年12月10日 10:27 ]

<グランプリファイナル最終日>エキシビション、美しい身のこなしで滑る紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートGPファイナルのエキシビションが9日(日本時間10日)、バンクーバーで行われ、男子準優勝の宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子優勝の紀平梨花(関大KFSC)、同4位の坂本花織(シスメックス)、同6位の宮原知子(関大)の日本勢が参加した。黒い衣装に身をまとった宇野は代名詞の「クリムキンイーグル」を披露して、大歓声を浴びた。紀平も黒の衣装で2回転半を跳び、坂本と宮原も華麗な舞いで魅せた。

 男子優勝のN・チェン(米国)や女子2位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)、同3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)も個性的な演技で観客を沸かせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月10日のニュース