宮川紗江 パワハラ認定なしに「信じられない」代理人弁護士も「結果ありき」 体操女子パワハラ問題

[ 2018年12月10日 23:01 ]

体操女子の宮川紗江
Photo By スポニチ

 体操女子の宮川紗江(19=高須クリニック)が日本体操協会の塚原千恵子強化本部長、夫の光男副会長からパワハラを受けたと告発した問題で、10日に東京都内で開かれた日本協会の臨時理事会で、第三者委員会がパワハラを認定しなかったと報告されたことについて、代理人弁護士を通じて「信じられない」とコメントした。

 代理人弁護士の山口政貴氏によると、同氏が調査報告書の内容を電話で宮川に伝えたところ、第一声で「信じられない」と発言したという。山口氏は宮川の様子について「とにかく落胆していた」と説明。「本人は2年を切った東京五輪に向けて競技に集中したいと考えている。今後、会見などを行う予定はない」と話した。

 今後の対応などは宮川本人や家族らと協議した上で検討する。一方で山口氏は私見とした上で「あまりにもパワハラ(認定)のハードルが高い。そこまで(条件を)書かれると、何もパワハラにならない。もう少し緩和しても良かったのではないか」と述べた。「勘ぐれば、結果ありき(の調査)ではないか」と第三者委員会への不信感を表明した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2018年12月10日のニュース