全日本ジュニア男子 壷井達也が逆転優勝!2位は佐藤駿、島田高志郎が3位

[ 2018年11月25日 16:11 ]

<全日本ジュニア男子フリー>SP2位から逆転で優勝を飾った壷井達也(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は25日、アクシオン福岡で男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の壷井達也(15=中京大中京高)が144・56点、合計222・79点と逆転初優勝を飾った。

 SP6位の佐藤駿(14=埼玉栄中)が4回転2本、トリプルアクセル2本を決め、156・29点の合計222・30点で2位と巻き返した。SP首位の島田高志郎(17=木下グループ)は4回転で転倒するなどフリー127・68点、合計210・03点で3位だった。

 昨年の覇者・須本光希(17=浪速高)は23日の練習で股関節を痛め、69・89点でSP5位と苦しいスタートとなり、フリーは122・99点の合計192・88点で7位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月25日のニュース