紀平 ファイナルへ意欲「チャンスだと思う」、GPフランス杯へ現地入り

[ 2018年11月21日 00:54 ]

フィギュアスケートのフランス杯に向けた練習にトラムで向かう紀平梨花(手前左)と三原舞依(同右)
Photo By 共同

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、フランス杯に出場する女子で大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に持つ注目の紀平梨花(関大KFSC)が20日、開催地のグルノーブルに到着した。

 第4戦のNHK杯でGP初出場優勝を成し遂げ、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6〜8日・バンクーバー)進出を狙う16歳の新星は「チャンスだと思う。最高の演技をしたい」と意欲を示した。

 女子の三原舞依(シスメックス)と男子の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)も現地入り。NHK杯4位の三原は「一つ一つの技を大切にしたい」と巻き返しを期した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月20日のニュース