ZOZOが日本初のPGAツアー 賞金総額は国内最高11億円 前沢社長「すべての奇跡に感謝」

[ 2018年11月20日 14:30 ]

<米PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」開催会見>壇上で笑顔を見せる(左から)JGTO・青木会長、ZOZO・前沢社長、松山、PGAツアー・ハーディバイス・プレジデント(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 PGAツアーとファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは20日、日本初開催となる公式大会を6年間にわたり開催する契約を締結したことを発表した。

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)との共催で行う「ZOZO CHAMPIONSHIP」で、来年10月に開催。千葉県の「アコーディアゴルフ 習志野カントリークラブ」で行い、賞金総額は国内ゴルフ史上最高となる975万ドル(約11億円)とし、韓国のCJカップ、中国の世界ゴルフ選手権「HSBCチャンピンズ」に加えてPGAツアーのアジアシリーズの一戦となる。

 同社の前沢友作社長は「10年ほど前から、観戦者としてもプレイヤーとしてもゴルフに魅了され続けてきました。73歳になる父とのラウンドも、小学生になる息子たちとの練習も、すべてはゴルフが、その機会を作ってくれました」と同競技への思いを語り「歴史と伝統あるPGA TOURのスポンサーを務めさせていただけること、日本での初開催であること、また私たちの地元千葉県で開催していただけること、それらすべての奇跡に大変感謝しております」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月20日のニュース