八角理事長 弟子の北勝富士を下し首位キープの貴景勝に「強い」

[ 2018年11月20日 20:10 ]

大相撲九州場所10日目 ( 2018年11月20日    福岡国際センター )

<大相撲九州場所10日目>支度部屋で記者の質問に答える貴景勝(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 貴景勝が北勝富士を下し首位をキープした。威力のある突き押しで、一気に土俵の外へ押し出し。北勝富士の師匠の八角理事長(元横綱・北勝海)は「押し込める自信があるから(相撲に)迷いがない。うまく勝っているのではなく、強い」とべた褒め。

 一方で大関獲りが期待された御嶽海は正代に押し出され、5敗目を喫し苦しい状況に追い込まれた。

 「動きが悪いよね。動いて勝つ人は稽古量が豊富じゃないと動けない。悪い時こそうまく勝てる相撲を取らないとね」と話した。大関獲りは出直しか?との質問には「出直しっていうか…。まあ」と口が重かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月20日のニュース