50キロ級代表争い 須崎が登坂圧倒「倒さなければいけない」

[ 2018年11月20日 05:30 ]

レスリング女子強化合宿

スパーリングする須崎(左)と登坂(撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 50キロ級で代表を争う須崎と登坂が練習から火花を散らした。スパーリングは現世界女王の須崎が、リオ五輪48キロ級金メダルの登坂を圧倒。「倒さなければいけない一人の相手として意識している」と金メダリスト相手に貫禄を示した。

 昨年の全日本選手権では入江に敗れただけに「笑顔で一年を締めくくりたい」と意気込んだ。左足手術からの完全復活を目指す登坂は「パワーもあって、なかなかやりたいようにできない」とライバルの成長を感じ取っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月20日のニュース