【玉ノ井親方 視点】休場の稀勢の里 稽古で番数こなすべき

[ 2018年11月16日 10:30 ]

大相撲九州場所5日目 ( 2018年11月15日    福岡国際センター )

今場所休場を決意し、無念の表情の稀勢の里(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 残念ながら稀勢の里が休場することになった。一人横綱の今場所は、横綱の責任を果たさなければという重圧もあり、自分の相撲を取り切れなかった。ただ、次の場所は進退が懸かる。今場所と同じような取り口では活路は開けない。左手一本で勝負にいくのではなく、右も使って左を生かすような相撲を取らないと。膝のケガの回復具合にもよるが、場所後の巡業にはなるべく出て、稽古をした方がいい。番数をこなし、いろいろなタイプの力士と稽古をすることで相撲内容も良くなっていく。今度は必ず勝てると思える状態まで戻し、優勝するつもりで戻ってきてほしい。

 5連勝の栃煌山は相手の動きがよく見えている。体も動いているし、体の密着のさせ方もいい。貴景勝も安定感があり怖い存在。この日そろって黒星を並べた大関陣は、改めて気を引き締めていかないといけない。(元大関・栃東)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月16日のニュース