錦織 フェデラーにストレート快勝 ツアー・ファイナル初戦飾る

[ 2018年11月12日 06:39 ]

ツアー・ファイナルでフェデラーと対戦した錦織(AP)
Photo By AP

 年間成績上位8人で争われる男子テニスの今季最終戦、ATPツアー・ファイナルが11日、ロンドンで開幕した。シングルスで世界ランキング9位の錦織圭(28=日清食品)は同3位のロジャー・フェデラー(37=スイス)と対戦、7―6、6―3で初戦を飾った。

 2年ぶり4度目の出場となる錦織はフェデラーにここまで2勝7敗。今月2日のマスターズ・パリ大会で敗れ、6連敗を喫した。

 フェデラーのサーブで始まった第1セットは第12ゲームまでともにキープする互角の展開でタイブレークに入った。錦織はフェデラーのサーブを連続で破ってリードを広げ、7―4でものにした。

 第2セットは錦織のサーブで開始。いきなりフェデラーがブレークしたが、直後に錦織がブレークバック。この後は双方キープして迎えた第6ゲームを錦織がブレークしてリードすると、そのまま押し切って快勝した。錦織は2014年3月のマイアミ・オープン以来4年8カ月ぶりとなるフェデラー戦の勝利で、連敗を6で止めた。

 ▼錦織の話 勝ててうれしい。第1セットはリズムはつかめなかったが、第2セットはいいプレーをできた。この2カ月で2度負けていたがより攻撃的に行けた。この勝利を自信にして次も戦いたい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月12日のニュース