山本草太、ケガ乗り越えてNHK杯「この舞台にいられるのが幸せ」

[ 2018年11月8日 20:35 ]

公式練習で調整する山本
Photo By 共同

フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦、NHK杯(9日開幕、広島県立総合体育館)を前に、日本選手が8日に広島県内で会見に臨んだ。男子の山本草太(18=中京大)は「トップクラスが出る試合なので、見劣りしない演技ができるように頑張る」と意気込みを語った。

 今大会に向けて「全ての要素で足りていない部分があったので練習してきた」。初のGPシリーズ挑戦となるが「選んでいただいた分、まだ戦うというような立場でもない。しっかり自分の演技は頑張ってやっていかないといけない」と言葉に力を込めた。

 度重なるケガや手術を乗り越え、ついにたどり届いた大舞台。「この舞台にいられるのは幸せ。しっかり楽しみながら頑張りたい」と抱負を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年11月8日のニュース