紀平梨花 GP初出場Vへトリプルアクセル計14度着氷 NHK杯公式練習

[ 2018年11月8日 16:47 ]

<フィギュアNHK杯・公式練習>SPに向け練習する紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 9日開幕のフィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯の公式練習が8日、会場の広島グリーンアリーナで行われた。

 午後に行われた女子の2度目の練習では、日本女子初のGP初出場で優勝を狙う紀平梨花(関大KFSC)が3回転半(トリプルアクセル)に8度も着氷。午前の練習では自らの得意技を6回成功しており、計14度の着氷で直前調整を終えた。午後は紫の衣装に身をまとい、フリー曲を流して感触を確かめた。

 9日に行われる女子ショートプログラムでは紀平は4番滑走。平昌五輪4位の宮原知子(関大))は10番滑走、三原舞依(シスメックス)は12番目の最終滑走となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年11月8日のニュース