平野歩夢がユニクロの顔に 新シーズンからカスタムメイドのウエア着用

[ 2018年11月7日 17:59 ]

ユニクロのアンバサダーに就任した平野歩夢
Photo By 提供写真

 スノーボードの平野歩夢(19=木下グループ)がユニクロのグローバルブランドアンバサダーに就任したことが7日、発表された。テニスのロジャー・フェデラーや錦織圭、ゴルフのアダム・スコットらと同じブランドの顔として活動する。平野はプレスリリースの中で「ユニクロと僕が力を合わせれば、スノーボードのファッションスタイルを多くの方々の生活LifeWearとして取り入れていただくきっかけになるなど、何か新しいことができそうだと考えています」とコメントした。

 今後は日常着に加えて、競技中のアウターもユニクロ製のものとなる。同社はスノーボードウエアは一般展開していないが、平野のために特注したものを用意し、また平野もカスタムアイテムや素材の開発に携わっていくとしている。2月の平昌五輪ではハーフパイプで2大会連続の銀メダルを獲得。22年北京五輪も見据えて踏み出す新シーズンは、12月のDewツアー(米コロラド州)がユニクロ“デビュー戦”となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年11月7日のニュース