【写真特集】高橋大輔、復帰2戦目SPで華麗なステップ披露 衣装は白から紫に

[ 2018年11月3日 17:40 ]

<西日本選手権男子SP>近畿選手権から衣装を変え演技に臨んだ高橋大輔(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 4年ぶりに現役復帰したフィギュアスケート男子の高橋大輔(32=関大KFSC)が3日、復帰2戦目となるフィギュアスケート西日本選手権第3日の男子シングルのショートプログラム(SP)に1番滑走で出場。83・56点で、復帰初戦となった10月の近畿選手権の77・28点を上回り、1位スタートした。2番手には昨年の世界選手権5位に入った友野一希(20=同志社大)が83・27点でつけている。

 高橋は初戦の白から紫の衣装に変え、坂本龍一が作曲した映画「シェルタリング・スカイ」の音楽で滑った。演技序盤の3回転半(トリプルアクセル)に成功。3回転フリップ―3回転トーループの連続ジャンプではトーループで手をついたが、その後の3回転ルッツは着氷した。

 得意のスケーティングとステップでも観客を魅了し、演技を終えると会場全体からスタンディングオベーションを受けた。

 女子SPでは紀平梨花(16=関大KFSC)が自己最高の73・41点で首位発進した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年11月3日のニュース