テニス協会 東京五輪会場工事中断問題、26日に都から説明へ

[ 2018年10月25日 05:30 ]

 日本テニス協会は五輪会場の工事中断問題について、26日に東京都から正式な説明を受けることを明かした。都が建設中の有明テニスの森公園が、建設会社の経営破綻によって一部屋外コートの工事が中断。協会の川廷尚広常務理事は「青天のへきれき。東京都は“全てスケジュール通りです”と言っていた」と困惑した。

 来年の楽天ジャパン・オープンでは練習コートとして使われる予定で、五輪本番では試合も行われる。川廷氏は「すでに世界のテニスカレンダーに載っている。間に合わなければ信用を失う」と危機感をあらわにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年10月25日のニュース