元若乃花・花田虎上、天国の輪島さんに「親父と2人でゆっくりしてね」

[ 2018年10月14日 20:34 ]

<輪島大士さん・通夜>弔問に訪れた花田虎上氏(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 8日に亡くなった大相撲の第54代横綱・輪島の輪島大士(本名輪島博=わじま・ひろし)さんの通夜が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、元横綱・若乃花でタレントの花田虎上(47)が弔問に訪れた。

 報道陣の取材に応じ「父の一番仲のいい力士で、思い出がたくさんある方。CMで共演していて仲がいいなと思っていた。(子どもの頃は)父に巡業とか連れて行ってもらうのが普通かもしれませんが、父より先に輪島さんに連れて行ってもらった。僕は笑顔の輪島さんしか知らない。複雑です。悲しい」と思い出を振り返った。

 「“親父と2人でゆっくりして。楽しんでね”と(伝えた)。僕が生まれた時から(一緒に)いる人。輪島さんがいないということは考えられない。まだ早いなという思い。もう少し生きてもらいたかった。今ごろ2人で酒を飲んでいると思う。父が死んだ時に電話をいただいて涙が出ました。泣いていたので内容は覚えていません」と別れを惜しんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月14日のニュース