花田虎上 弟・貴親方の引退会見に苦言「肝心なことを言っていない」

[ 2018年9月30日 12:54 ]

元横綱若乃花の花田虎上
Photo By スポニチ

 元横綱・若乃花でタレントの花田虎上(47)が30日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。日本相撲協会に引退届を提出した弟の貴乃花親方(46=元横綱)について語った。

 「自分が相撲一筋を貫き通すって言っていたのにこういうこと(引退)になってしまったのは、ちょっと残念だなって思います」と語った花田。弟の引退会見については「肝心なことを言っていない。有形の証拠を提出して皆さんに納得してもらう。そして、最後に今後の自分がこれからどういう道を進むのか、ファンに伝えないといけない」と苦言を呈した。

 弟の人となりについて問われると「僕も話すことはできないし、嫌な人はもう…向こうって、自分が良いって思った人(の言葉)しか入ってこなくなる。物事を自分で作ってしまうタイプ」と説明。「どこの世界もそうだと思うんですけど、若くして成功してしまうと自分が一番だと思ってしまう。そうではないということを教える方々がいなかったというのが…」と嘆いていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年9月30日のニュース