貴闘力、貴乃花親方に電話「俺が死んでも…とか言うから心配になって」

[ 2018年9月27日 09:34 ]

大相撲の元関脇・貴闘力
Photo By スポニチ

 大相撲の元関脇・貴闘力(50)が27日、日本テレビ「スッキリ」(月〜金曜前8・00)の生放送に出演し、25日に日本相撲協会に引退(退職)届を提出したことを発表した貴乃花親方(46=元横綱)とのやり取りを明かした。

 前日の26日に、貴乃花親方と「連絡したらつながったんで、10分、15分ぐらいちょっとしゃべった」という貴闘力は「どうよ、落ち着いた?」と投げかけると、同親方は「今、まだ部屋のいろいろ後片付けとかあるんでバタバタしています」と返したという。25日の突然の引退発表後、貴乃花親方の兄弟子である貴闘力はさまざまなテレビに出演し、コメントしている。それについて、貴乃花親方にも「俺がテレビで余計なこと言うけど辛抱しといてな」と話したとし、同親方は「どうぞ、どうぞ」と答えていたという。

 ただ、「引退のことについては話していない」とし、「俺がテレビ出ているのに、それを探っているみたいで嫌じゃないですか」とその理由を告白。ただ、そんな中でも、同親方に電話したのは「(記者会見で)俺が死んでもとかそういうこと言うから、絶対そういうことするなよって(言った)。それで心配になって電話したんです」とし、親方には「一人で背負い込まないで、これからのこととかあったら、相談してよ。何でもできることはやるからって言った」と伝えたという。親方も「ありがとう。大丈夫だよ」と話していたことを明かした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年9月27日のニュース