沙保里 至学館大副学長辞任していた「レスリング集中したい」

[ 2018年9月27日 05:30 ]

吉田沙保里
Photo By スポニチ

 レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里が、母校の至学館大の副学長を8月末に辞任していたことが26日、同大関係者への取材で分かった。練習拠点は同大のままで、レスリング部のコーチとして大学に残る。関係者によると「レスリングに集中したい」と申し出があり、大学側が了承した。2016年11月に副学長に就任し、学生支援や渉外、広報などを担当していた。

 至学館大は6月、伊調馨(ALSOK)らへのパワーハラスメント行為が認定されたことへの反省がないとして、栄和人前監督を解任。その後、監督職を置かない集団指導体制を敷いており、吉田もコーチの一人として中枢を担っていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年9月27日のニュース