メドベ、転倒でV逸 悔しげな笑顔浮かべるも納得「とても素晴らしい経験ができた」

[ 2018年9月22日 11:56 ]

<オータムクラシック第2日>女子フリー、演技を終え悔しそうに笑うメドベージェワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのオータム・クラシック第2日は21日(日本時間22日)、カナダのオークビルで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のエフゲニア・メドベージェワ(18=ロシア)は合計204・89点で2位に終わった。

 ヨーヨー・マの曲とリベルタンゴを合わせたプログラムで臨んだが、最後のジャンプとなった3回転ループが回転不足で痛恨の転倒。演技後は悔しげな笑顔を浮かべた。ロシアからカナダに練習拠点を移して最初の実戦だったが惜しくも優勝はならなかった。

 「ミスが多くあった。もっと良くできるが、この大会ではとても素晴らしい経験ができた」と納得顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年9月22日のニュース