樋口新葉はSP4位 首位はメドベージェワ

[ 2018年9月21日 10:26 ]

<オータムクラシック初日>女子SP、アップテンポの曲に乗り滑る樋口新葉(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのオータム・クラシックは20日、カナダのオークビルで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で世界選手権銀メダルの樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)は57・54点で4位と出遅れた。

 トップは平昌冬季五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)で70・98点。松田悠良(中京大)は47・75点で12位だった。

 ▼松田悠良の話 全然構成のレベルが低いプログラムなので、この点数でもしょうがない。早くけがを治して、難易度の高い構成に戻したい。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年9月21日のニュース