【玉ノ井親方 視点】高安、横綱にアワ食わせたスキ与えぬ取り口

[ 2018年9月21日 09:30 ]

大相撲秋場所12日目   ○高安―鶴竜● ( 2018年9月20日    両国国技館 )

鶴竜を上手投げで破る高安(左)。右上は白鵬 (撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 高安がかろうじて2差で優勝争いに踏みとどまった。鶴竜戦は左を差したものの、すぐに横綱に巻き替えられ左上手になった。しかし、相手に攻めるスキを与えず、そこから強引に投げを打って土俵に転がした。鶴竜にしてみれば、先に左前みつを取って攻めたかったはず。でも取れずに左を差してしまった。それで安全にもろ差しを狙って巻き替えにいったところを、逆に投げを打たれて、アワを食ったような感じになった。

 高安にとっては価値ある白星。白鵬との2差は厳しいけど、きょう13日目の白鵬―稀勢の里戦の結果次第では展開も変わってくる。この日の稀勢の里は、御嶽海の出足をしっかり止めて四つに組み、落ち着いて寄り切った。白鵬戦も稀勢の里がうまく左を差せれば面白い。いずれにしても立ち合いの出来が勝敗の鍵を握るだろう。 (元大関・栃東)

続きを表示

2018年9月21日のニュース