合流後負けなし 八村「一丸となっての1勝」、富樫も奮闘9点

[ 2018年9月18日 05:30 ]

バスケットボール男子19年W杯アジア2次予選第2戦   日本70―56イラン ( 2018年9月17日    東京・大田区総合体育館 )

<日本・イラン>第4クオーター、ダンクシュートを決める八村=左(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 代表自己最多の25得点をマークした八村は「一丸となっての1勝」と胸を張った。6月に代表に合流して以来、これで4戦4勝と負けなしだ。試合後のインタビューでは「今日は大好きな(観客席の)妹の誕生日なんです。皆さんハッピーバースデーを歌ってください」と音頭を取り、妹思いの一面も見せた。

 さらに司令塔の富樫もスピードを生かして9得点と奮闘。「求められているプレーはできた。次もホームゲーム。もっとパフォーマンスを上げたい」と11月の次戦を見据えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年9月18日のニュース