宇野SP首位発進 4回転2度成功 ロンバルディア杯

[ 2018年9月15日 05:30 ]

フィギュアスケート ロンバルディア杯第1日 ( 2018年9月13日    イタリア・ベルガモ )

宇野昌磨
Photo By スポニチ

 男女のショートプログラム(SP)が13日に行われ、平昌五輪銀メダリストで新シーズンの初戦に臨んだ男子の宇野昌磨(20=トヨタ自動車)は104.15点で首位発進。3連覇へ向け好スタートを切った。「天国への階段」を舞った宇野は、4回転2つを含む3つのジャンプをきれいに決めた。ルール変更で出来栄え評価は±3点から±5点となったが、冒頭の4回転フリップは+3.74点の高評価を得る美しさだった。

 また、友野一希(同大)は75.47点の5位。女子は山下真瑚(愛知・中京大中京高)が55.33点で5位、平昌五輪6位の坂本花織(シスメックス)は49.91点で9位と出遅れた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年9月15日のニュース