PR:

東京五輪・パラ競泳日程発表 璃花子先陣で金メダルラッシュだ

東京五輪で複数メダルが期待される池江(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、五輪水泳の競技日程を発表した。競泳は予選が午後7時開始、準決勝・決勝が午前10時30分開始となり、ジャカルタ・アジア大会6冠の池江璃花子(18=ルネサンス)は初日の7月25日からメダルを狙う100メートルバタフライ予選に登場する。アーティスティック・スイミングはデュエットが8月3〜5日、チームが7、8日、飛び込みは7月26〜29日、31日〜8月8日に行われる。

 池江のメダル量産プランが見えた。東京五輪では混合400メートルメドレーリレーなど3種目が新たに加わったが、この日発表された競泳のスケジュールは16年リオデジャネイロ五輪とほぼ同じだった。

 池江は個人4種目、リレー4種目に出場する可能性が高い。超過密日程となるが、大会最初のレースは初日(7月25日)の100メートルバタフライ予選。金メダルを狙う本命種目を疲労のない序盤に集中して臨むことができるため、自身に、そして日本選手団に弾みをつけるには絶好のスケジュールだ。

 全ての種目で準決勝、決勝に進むと、9日間毎日レースに出場することになる。レースがないのは26、28日の夜だけだが、メダルを狙える27日午前の100メートルバタフライ決勝と29日午前の200メートル自由形決勝の前夜に、ちょうどゆっくり休養して臨めるのも好都合だ。

 最終種目となるのは8月2日の400メートルメドレーリレー。今年8月のパンパシフィック選手権で銅メダルを獲得するなど再び日本は力をつけており、最後を表彰台で締めくくるチャンスも十分にある。

 競泳の決勝時間は、大会組織委員会や国際水泳連盟が一般的な夕方から夜を希望していたが、巨額の放送権料を支払う米テレビ局の意向を反映する形で7月に午前開始で決着した。大会組織委員会の室伏広治スポーツディレクターは「その他の競技もあり、バランスを考える必要があった」と説明した。選手にとっては調整が難しくなるが、条件は皆同じ。東京五輪の前半戦の午前中は池江のメダル獲得シーンが何度も見られそうだ。

[ 2018年9月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月20日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画