奥原、ベリーショート変身も周囲から「すごいブーイング」

[ 2018年9月11日 13:01 ]

初戦突破した奥原希望
Photo By スポニチ

 バドミントンのダイハツ・ヨネックス・ジャパン・オープン第1日は11日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、女子シングルス1回戦の奥原希望(日本ユニシス)は相手選手の途中棄権で2回戦進出を決めた。

 第1ゲームを21―13で奪い、第2ゲーム13―12としたところで、チュン・ガンイ(香港)が棄権を申し出た。20年東京五輪の会場での初めての試合は「アジア大会と真逆でシャトルが飛ばない。風が微妙にある。感覚のズレを修正しきれず終わった」と不安もこぼしたが、余力をたっぷり残しての初戦突破となった。

 ベスト8で終わったアジア大会後、ショートだった髪をさらに短くした。「(短さは)高校以来です。夏にギリギリ滑り込んだ感じです」と思い切ってイメージチェンジ。ただ周囲の反応はイマイチのようで「周りからはすごいブーイングです。前の方がいいという声が多い」と苦笑いだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年9月11日のニュース