体操パワハラ問題、第三者委の岩井委員長は朝日生命との利害関係を否定

[ 2018年9月7日 18:58 ]

パワハラ有無を調査する第三者委員会の岩井委員長(右)と日本協会の山本専務理事
Photo By スポニチ

 体操女子の宮川紗江が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長、夫の光男副会長からのパワハラを告発した問題で、日本協会は7日にパワハラの有無を調査する第三者委員会を設置した。

 5日に第三者委の委員長就任が発表されていた岩井重一弁護士は、朝日生命保険相互会社が株主のブロードリンクの顧問弁護士を務めている。塚原夫妻は朝日生命が協賛する体操クラブを経営。一部で利害関係について指摘されていたが、岩井弁護士は「一部報道には誤った内容がある。顧問先はあくまでも法律相談をするだけで、どこかから影響を受けるとかはまったくない」と語気を強めた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年9月7日のニュース