NFLの2018年シーズンが開幕 王者イーグルスは土壇場で逆転 ファルコンズに競り勝って白星発進

[ 2018年9月7日 13:30 ]

第3QにランでTDをマークしたイーグルスのRBアジャイ(AP)
Photo By AP

 NFLの2018年シーズンが6日にペンシルベニア州フィラデルフィアで開幕。昨季のスーパーボウルで初優勝を飾ったイーグルスが地元での開幕戦に臨み、18―12(前半3―6)でファルコンズを退けて白星発進となった。

 両軍併せて26回の反則をコールされた開幕戦はロースコアの接戦。イーグルスは10―12で迎えた第4Qの残り2分19秒、RBジェイ・アジャイ(25)が11ヤードを突破してこの日2つ目のTDランをマークし、2点コンバージョンも成功させて逆転した。

 控えQBながらスーパーボウルでMVPとなったQBニック・フォールズ(29)は34回のパス試投で19回を成功させたものの獲得は117ヤードどまりでTDはなし。プレシーズンの2試合でもTDパスを記録しておらず、勝ったとは言え、課題を残す試合内容となった。

 3―6で迎えた第3Qの中盤、フォールズはハンドオフしたあとに前方を走り、WRのネルソン・アゴラー(25)から15ヤードのパスをキャッチ。スーパーボウルでTDを奪った“フィリー・スペシャル”で流れを変え、この攻撃シリーズでは最後にアジャイが残り1ヤードを突破して両軍併せて最初のTDを奪取した。

 しかし第4Q、守備陣がファルコンズのQBマット・ライアン(33)のパスをインターセプトしていったん窮地を脱しながら、フォールズがTEダラス・ゴダート(23)に投げたパスを、ファルコンズのLBディオン・ジョーンズ(23)にインターセプトされて攻守交替。このあとRBデビン・コールマン(25)に9ヤードのTDランを許し、再び後手に回る展開となった。

 13勝3敗という快進撃を演じた昨季に活躍した本来のエースQBカーソン・ウェンツ(25)は、左膝のじん帯断裂からまだリハビリ中。実戦を想定した練習にはまだ入っておらず、復帰は10月以降と見られている。それだけにフォールズの役割が重要になっているが、開幕戦でのパスさばきにはスーパーボウルのような切れ味はなかった。

 2017年のスーパーボウルに出場したファルコンズは勝機がありながら苦杯。2016年シーズンでMVPとなったライアンは43回のパスで21回を通して251ヤードを獲得したが、フォールズ同様にTDパスは0。敵陣5ヤード地点まで攻め込んだ最後のプレーでもエンドゾーン内でターゲットをとらえることができなかった。

 なお第1週は9日に13試合、10日に2試合が行われ、3季連続のスーパーボウル進出を目指すペイトリオッツは9日にテキサンズと対戦。イーグルスは16日の第2週に敵地でバッカニアーズと対戦し、ファルコンズはホームでパンサーズと顔を合わせる。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年9月7日のニュース