キーズ、完敗認め涙…大坂の精神力に脱帽「本当に素晴らしかった」

[ 2018年9月7日 12:21 ]

全米オープン女子シングルス準決勝 ( 2018年9月6日    ニューヨーク・ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

試合を終え、健闘を称え合うキーズと大坂(AP)
Photo By AP

 キーズは大坂との4度目の対戦で初黒星を喫し、2年連続の決勝進出を逃した。目に涙を浮かべながら「信じられないようなショットが何度も返ってきた。彼女の方が私よりいいプレーをした」と完敗を認めた。

 ブレークチャンスが13度ありながら、大坂の堅い守備に阻まれ「彼女は初めての準決勝だというのに本当に素晴らしかった」と、精神面の強さにも感服した様子。

 大坂がS・ウィリアムズと対戦する決勝についても「今日のような試合をすれば十分に対抗できる。私も楽しみに見てみたい」と、好勝負を期待した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年9月7日のニュース