NBA元セルティクスのガーネット氏が会計士を提訴 85億円の横領に関与?

[ 2018年9月7日 15:59 ]

会計士と会計事務所を訴えたガーネット氏(AP)
Photo By AP

 NBAのティンバーウルブスとセルティクスで活躍し、2008年にはファイナル制覇にも貢献したケビン・ガーネット氏(42)が「総額7700万ドル(約85億円)の資産を使い込んだ会計士を野放しにしていた」として、ケンタッキー州在住のマイケル・ワーハイム会計士と会計事務所を相手どってミネアポリスの連邦地裁に提訴。横領したと指摘しているのは、同じくNBAの元スター選手、ティム・ダンカン氏(42=元スパーズ)への詐欺行為で昨年に禁錮4年の刑を宣告されたチャールズ・バンクス4世会計士だが、ガーネットはなぜか同会計士は訴えていない。

 訴状によれば「ワーハイム氏は、バンクス氏が使い込んでいることを知りながら何も対処しなかった」とその責任を追及。一方、ワーハイム氏はその事実を否定しており、全面的に争う構えを示している。

 ガーネット氏は高校卒業時に迎えた1995年のNBAドラフトで全体5番目にティンバーウルブスに指名されてNBA入り。2004年にはシーズンMVPに選出された。2メートル11のフォワード兼センターとして活躍し、セルティクス時代の2008年にはファイナルでレイカーズを4勝2敗で下して優勝。

 球宴選出は15回を数え、2003年にはMVP。2008年には年間最優秀守備選手にも選出されたが、2016年に現役を引退した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年9月7日のニュース