大坂 準決勝キーズ戦はリベンジマッチ 16年に大逆転負け

[ 2018年9月7日 05:30 ]

テニス 全米オープン第10日 ( 2018年9月5日    ニューヨーク・ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

全米オープン女子シングルス準々決勝 ツレンコに勝利し4強入りした大坂
Photo By 共同

 大坂は6日(日本時間7日)の準決勝で2年前のリベンジマッチに挑む。昨年準優勝で第14シードのマディソン・キーズ(23=米国)とは16年大会の3回戦で対戦。最終セット5―1とリードしながら大逆転負けした因縁がある。過去3戦全敗とあって「彼女はとてもパワフル。アメリカ人だし、観客の応援もあると思う」と警戒した。

 一方のキーズは大坂について「今季、結果を残していて難しい試合になる」と語り、「いつも面白いインタビューをしている。それを見るのを楽しみにしているの」と笑顔で語った。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年9月7日のニュース