チリッチ 序盤の勢い保てず競り負け「圭はチャンス生かした」

[ 2018年9月7日 05:30 ]

テニス 全米オープン第10日 ( 2018年9月5日    ニューヨーク・ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

全米オープン男子シングルス準々決勝 チリッチと(左)と健闘をたたえ合う、勝った錦織
Photo By 共同

 チリッチは序盤の勢いを保てずに錦織に競り負けた。第2セットの4―2までは第1サーブの得点率が100%と完璧な出来。だが、そこから逆襲にあって流れを引き戻された。「第2セットも第3セットもチャンスを逃し、圭は生かした」。第3セットのタイブレークで連続ダブルフォールトを犯すなど要所でのミスも響いた。

 4年ぶりの優勝はならず「暑さと湿気の凄さを考えればハイレベルな戦いだった」と言うしかなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年9月7日のニュース