高橋大輔 来季以降も競技続行を示唆 当初は“1年限定”も「できるようになる喜びを感じ」

[ 2018年8月24日 14:00 ]

高橋大輔
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で、5季ぶりに現役復帰する高橋大輔(32=関大KFSC)が23日、横浜市内で取材に応じ、来季以降も競技を続ける可能性を示唆した。7月の復帰会見では「1年限定のつもり」と話したが、「できないことができるようになる喜びを感じている。来年どうするかはわからない。もうちょっとやってみようとなるかもしれない」と語った。

 当面のターゲットは12月の全日本選手権(20〜24日、大阪)だ。その予選となる近畿選手権(10月5〜8日、尼崎)、西日本選手権(11月1〜4日、名古屋)に出場していく。「今の目標は全日本の最終グループに入ること」とあらためて語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年8月24日のニュース