野々村 男子つり輪で3個目銀 主将の面目躍如「いい流れを」

[ 2018年8月24日 05:30 ]

ジャカルタ・アジア大会第6日 ( 2018年8月23日 )

アジア大会体操男子種目別つり輪決勝 演技する野々村
Photo By 共同

 体操男子つり輪で日本の主将が面目躍如だ。野々村はつり輪で着地を鮮やかに決め、団体総合と個人総合に続く3つ目の銀メダル。国際連盟の渡辺守成会長から、この日の日本勢で唯一のメダルを首にかけられ「僕が明日(種目別の最終日)にいい流れをつくれれば、と思っていた」と息をついた。

 つり輪に集中するため、種目別決勝に残っていた床運動と平行棒を棄権。控えめな主将は今大会での演技を終え「性格を変えるのは難しいけど、五輪に行くには欲を出していかないと」と気持ちを新たにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年8月24日のニュース