入江 男子100背泳ぎ3連覇逃した、世界王者捉えきれず

[ 2018年8月20日 05:30 ]

ジャカルタ・アジア大会第2日 ( 2018年8月19日 )

競泳男子100メートル背泳ぎ決勝、銀メダルだった入江=左(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子100メートル背泳ぎは入江が後半50メートルで追い上げを見せたものの、昨年の世界選手権覇者の徐嘉余(中国)を捉えきれずに2位。「レベルの高い戦いになるが、気持ちで負けないようにしたい」と話していたが、3連覇を逃した。

 アジア大会は今回が4度目の出場で、4大会連続メダルの偉業は達成。200メートル背泳ぎでは4連覇の大偉業に挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年8月20日のニュース