表彰式で国旗落下、巨大ボード倒れる 運営ドタバタ…大丈夫?

[ 2018年8月20日 05:30 ]

ジャカルタ・アジア大会第2日 ( 2018年8月19日 )

競泳男子200メートル自由形決勝の表彰式の最中、国旗を吊るす支柱が落下(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 競泳会場でスタート台の後方に設置されていた飾り付けの巨大なボードが、客席と屋根の間から吹き込んだ風で倒れるアクシデントがあった。予選終了後だったため、ケガ人はいなかったが、審判員が座る椅子の上に倒れかかった。その後、大型のボードは解体して撤去された。

 男子200メートル自由形の表彰式中には、国旗掲揚中に3本の旗が金属の支柱とともに落下。優勝した孫楊(中国)の求めに応じて国歌演奏をやり直すなど、ドタバタ続きの初日となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年8月20日のニュース