永吉 買春行為の金額について問われ「およそ120万ルピア」

[ 2018年8月20日 21:32 ]

<バスケットボール日本代表会見>会見をする永吉(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 バスケットボール男子の永吉佑也(27=京都)、橋本拓哉(23=大阪)、今村佳太(22=新潟)、佐藤卓磨(23=滋賀)の4人が、ジャカルタ・アジア大会で日本選手団の公式ウエアで歓楽街を訪れて買春行為に及び、代表認定を取り消されたことを受け、日本バスケットボール協会が20日、都内で会見を開いた。4選手も出席した。

 会見で買春行為の金額について問われると、永吉は「およそ120万ルピア(約9120円)」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年8月20日のニュース